小さな勇者の物語。ついに終幕!!「3月のライオン7巻」

3月のライオン7巻

「誓いの第5巻」「戦いの第6巻」に続く、「勇気の第7巻」がついに発売となりました!!

「いじめ」

5巻ぐらいから続いていたこの問題もついに終幕!!

読後の「よかったねぇ(゚*´Д⊂グスン」感はハンパないっすよ。

もう今巻は

「これからの話をしましょう」

これに尽きる。

反則です。

期待を裏切らず、さらにその期待の上を行くマンガだなぁ。としみじみ。

そして!!

「お友達を作る3つのステップ」

なに、この話。

目頭が熱くなるどころのレベルじゃないよ?

んで、とどめに

どんなに 泣いても

苦しくても

決して意思を曲げなかった

この小さな勇者に

心のなかで もう一度

小さく 忠誠を 誓った

・・・よかったねぇ(゚*´Д⊂グスン

とりあえず、これまで読んできた方は絶対見逃してはならない巻ですよ!!

また、今巻では意外な人物の、意外な一面やその抱えていたものが判明します。

あのハゲのことね。あのハゲ。

勝ちに行きたかったんだねぇ。

なんか・・・こう・・・けっして悪いやつじゃなかったんだなぁ・・・って思いました。

そんな話もご期待下さい!!

ってか表紙の子は誰??ひなちゃんだとしたら髪の毛茶色だし・・・ひなちゃんは黒髪のイメージだしな・・・とか思ってましたが・・・答えは作中で。

ヒント「鴨川河川敷」です。

蛇足

また、今巻を読んで、同じ将棋を題材にした「ハチワンダイバー」との意外な共通点を見つけました。

それは、将棋の「読み」についての理解。というかイメージ?

「こう打ったら、相手はこう打ってくる」

という、この一手先、二手先、三手先・・・・・・と、延々と「先を読む」ということ。

これこそが将棋の魅力でしょう。しかし、この部分の表現って難しい。

この「読み」の描写について、この「3月のライオン」と「ハチワンダイバー」の作者さんは同じイメージを描いています。

それが「潜る」という描写。

今巻での、この「潜る」という描写を見たときには、なんだか得も言えぬ納得感があったというか。

ああ、「読み」ってこういうイメージなんだなと。ここに来て私も理解しました。

そんな、意外な共通点?が「3月のライオン」と「ハチワンダイバー」にはありました。

ご興味を持たれた方は是非、「ハチワンダイバー」もご一読をオススメします。

ハチワンダイバーについては、以前に記事書きました。

将棋はROCKだ!!いや、将棋よりZONEだ!!「ハチワンダイバー24巻」 | 情報蒐集ノート

なんて。以上蛇足でした。

最後までお読み頂きましてありがとうございましたm(_ _)m

エントリーの内容を気に入って頂けましたら下のボタンからリアクションを貰えると嬉しいです。

tweet this   はてなブックマークに追加

また、当ブログに興味をお持ち頂けたならRSS登録をお願い致します。

[情報蒐集ノートをRSS登録]

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]