モモちゃんの成長を感じさせてくれる(色々な意味で)「大東京トイボックス8巻」

大東京トイボックス8巻

内容の前に・・・

ねぇ、うめ先生。

このアングル・・・

めちゃくちゃわかってますやん!!

ねぇ、確信犯なんでしょ?確固たる狙いがあったんでしょ?

そりゃ帰ってきたらソッコー帯外すよね。すでに購入したそこのあなた!外したよね?

いやーわかってらっしゃる男の気持ち(・∀・)イイ!!

そんな大東京トイボックスの8巻がついに発売しました。

発売日は昨日でしたが、昨日はお出かけしなかったので、本日購入してきて一気に読みました。

この8巻。皆様お気づきのこととは思いますが、モモちゃんの色々な面が堪能できる、とっても素晴らしい表紙になっています。

昔のモモちゃん(3巻時点)

大東京トイボックス3巻

うん。明らかに育ってる!!

BからEぐらいになってる!!

一気にレベルアップ!!

・・・まぁ、このネタはこの辺にしておいて。

さて、このマンガ。

ゲーム制作に関わる人たちを描いたマンガなんですけどね。基本的に熱量が高い。

なんか読むと「うおーやったるぜー!!」ってなる。

そして、絶妙に現実世界とリンクしてるんですよ、昨今の「ソーシャルゲーム」の隆盛ですとか。ソーシャルゲームの稼ぎ頭「カードゲーム」とか。

私はその辺りの業界知識はないのですが、「ああ、なるほどねー」という「親近感」みたいなものが、さらなる面白さの要因となってると思うわけです。

面白くて、地味にゲーム業界についての知識も深まる。

ってことでオススメですよー。

できたら前日譚である東京トイボックスも読んでおくべし。

「大東京」を読む前に、読むとより理解が深まる。全2巻。

さて、やっと本題。

この8巻。

8巻にきて「ようやく」。

作中で制作している「デスハイ」がカタチになってきたことが、「ようやく」実感できます。

ホントに「ようやく」。

もちろんこれまでに推してきたとおり、7巻までも面白かったのですが、例えるとするならこれまでは「明らかに無理ゲー」な敵キャラに挑まなくちゃならない状態で、光明が見えない感じだったのです。

ハッピーエンド迎えられる気がしねー。例えば・・・

ブリーチの藍染編終盤の少し前。みたいな。

シャーマンキングのハオ。みたいな。

しかし、ここ8巻でようやくその「光明」が見えてきたのかな、と。

もちろんそれは、7巻で戻ってきた「あの人」の活躍もありますし、先程から話題に上がっているモモちゃんの成長もあるのですが。

その辺りは是非とも今巻を読んでご確認下さい。

「ようやく」光が見えてきた「大東京トイボックス」

できるなら、既巻すべて一気読みする勢いで!!

じゃないと、先が気になって仕事にならないよ!!

・・・ちなみにね。いらない情報かもしれないけどね。

画像を落としたかっただけなんだけどね。気付いちゃったので書いときますよ。

Amazonの表紙イメージなんだけど。この8巻はクリックすると拡大機能ついてるよ。(3巻はできないw)

お好きなところを拡大してください。

別に試さなくてもいいですがw

最後までお読み頂きましてありがとうございましたm(_ _)m

エントリーの内容を気に入って頂けましたら下のボタンからリアクションを貰えると嬉しいです。

tweet this   はてなブックマークに追加

また、当ブログに興味をお持ち頂けたならRSS登録をお願い致します。

[情報蒐集ノートをRSS登録]

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]