docomoゴメン!!Galaxy S3がクアッドコアでないのはdocomoのせいではなかった。海外版のLTEモデルもデュアルコアだったことが判明

GALAXY S III Product Image

docomoから昨日発表された「Galaxy S3(SC-06D)」は元々発表されていたクアッドコアではなくデュアルコア。

その事実を知った時にはひどく落胆したものです。

つい、こんなツイートをしてしまったほど。

多くの方が私と同様のツイートをしておりました。

が。

それは早計でございました。

ゴメン。docomo!!

詳しくは以下から。

まぁ、詳しくはと言っても。

ググってたら見つけたんですよ。

この記事を読めばOKです。

使い勝手を刷新、FeliCaにも対応した「GALAXY S III SC-06D」 – ケータイ Watch

この記事によると。

サムスン独自開発のクアッドコアCPUを搭載したW-CDMA版と、クアルコムのデュアルコアCPUを搭載するLTE版の、大きく分けて2種類が存在する。サムスンによれば、W-CDMA版は欧州などで、LTE版は日本と北米で展開される予定。

元々、W-CDMA版(3G)はクアッドコア。LTE版はデュアルコア。というスペックになるのは決まっていたようですね。

しかし。

なお、韓国のみクアッドコアCPUにLTEモデムを搭載したモデルも投入される予定という。

なんてこった!!

韓国うらやましすぎるやろ!!

最後に

まぁ、W-CDMA版(3G)はクアッドコア。LTE版はデュアルコアと決まっていたということはわかりましたが、韓国ではLTEでクアッドコアなモデルが発売となるのであれば、docomoも頑張って導入してくれりゃーなー。と思わずにはいられませんよね。

いっちゃーなんですが、今回docomoで発売される「Galaxy S3(SC-06D)」はやっぱりスペック的に少し物足りないと思いますのでサムスンが日本での拡販。いや、世界的にGalaxy S3を拡販したいのであれば、クアッドコアのLTEモデルをだすべきだと思うのですが、いかがでしょう?

ただ、デュアルコアでもかなりのサクサクであることは間違いないらしくこんな記事も。

デュアルコアのGalaxyS3は果たして買いなのか? – すまほん!!

さてさて、どうしましょうかね?

SIMフリー版登場!!価格はいくらになるんでしょうね?

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]