今さら過ぎる!?iPhotoを使って、iPad内の画像をMacにケーブル接続で取り込む方法

IPhotoアイコン

少し前にiPad内の画像を取り込むのはDropboxを使うと便利だよ!!っていう記事を書きました。

こちらがその記事。

何を今さら!!iPadで撮った画像をMac・PCに転送するならやっぱりDropboxがチョー便利!! | 情報蒐集ノート

しかし、DropboxなどのデフォルトでMacに入っていないアプリ・サービスを入れんのはめんどくさい。登録するのはめんどくさいという方もいらっしゃると思いますし、おすし。

一番ポピュラーな「MacとiPadをケーブル接続して画像を取り込む」という方法について本日は書いていきたいと思います。

iPhotoを使用しての画像取り込み手順

では最初に、iPhotoを起動します。

もちろん最初から入っているiPhotoでOKですよ。

最新版を使いたいという方はこちらから。

iPhoto (1,300円) 
(2012.09.06時点)
posted with ポチレバ

iPhotoを起動して、iPadを接続すると左のメニュー内の「デバイス」の項目に自分のiPadが表示されます。

自分のiPadを選択すると、自分のiPad内の画像が表示されますので、全画像を取り込むなら一番右上の「◯◯枚の写真を読み込む」をクリック。

任意の画像のみ取り込みたいなら、任意の画像を選択後に左隣の「選択した写真を読み込む」をクリック。

IPhoto画像取り込み 起動画面

読み込みが始まります。

IPhoto画像取り込み 画像取り込み中

読み込みが完了したら、左のメニューから「最後の読み込み」を選択。

※この「最後の読み込み」から見たほうが、先程取り込んだ画像のみ表示されて、わかりやすいですよ。

IPhoto画像取り込み 画像取り込み完了

ちゃんと取り込まれています。

では取り込んだ画像を全選択(command+A)して、任意のフォルダにドラッグ&ドロップ!!

IPhoto画像取り込み 画像ドラッグ ドロップ

ドラッグ&ドロップしたらそのフォルダを確認。

はい!!ちゃんと取り込まれていますね(^^ )

IPhoto画像取り込み Mac取り込み完了

最後に

今日ご紹介した方法も特別難しいことはありませんね(・∀・)

ただ、私的には前に書いたDropboxを通しての画像の取り込みの方が楽チンかなと思います。

何を今さら!!iPadで撮った画像をMac・PCに転送するならやっぱりDropboxがチョー便利!! | 情報蒐集ノート

というのも、やはり本日書いた方法だと「ケーブルに接続する」という一手間が生じます。

たかが、ケーブル。されどケーブル。

この一手間がやはり大きいのかなと。

しかし、今後Dropboxの方法が上手くいかなくなる可能性もありますので、選択肢のひとつとして知っておけば良いかなと思います!!

iPhoto (1,300円) 
(2012.09.06時点)
posted with ポチレバ

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]