プレパパ・プレママは必読!!妊娠後に参考になったオススメ本2冊を紹介

妻の妊娠がわかって購入した本

もうすぐパパ(プレパパ)の@masa6127です。

私たち夫婦にとって、初めての我が子。

期待が膨らむ一方で、カラダの心配や、お金の心配など、不安も一緒に膨らむ日々。

そんな不安を払拭する為。

不安には正しい知識で対抗しよう!!

ということで、本日は私たち夫婦が購入し、本当に参考になったオススメの本2冊についてご紹介します。

妊娠・出産の「カラダ」「健康」について理解する為の本

妊娠中に食べると良い食べ物は?逆に食べちゃダメな食べ物って?

妊娠中にしとくといいことは?逆にしちゃいけないことって?

つわりとかってどのくらいからくるの?

っていうか妊娠中の母体には、どの時期に、どんな症状が現れるの?

あー・・・・(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

こんな不安を解決してくれたのがこちらの本。

この本には、妊娠◯ヶ月目では、こんな検査をして、こんな変化があって、こんな心配ごとがあって・・・

という医学知識や事象を、妊娠初期の段階から、妊娠3ヶ月目〜出産直前までを一ヶ月ごとに事細かに記してくれています。

まさに。

これが知りたかった!!

が、詰まった本でした。

なお、この本は、こちらのブログで知りました。

妊娠したら夫婦で読むおすすめの本まとめとレビュー – Money does not hurt your heart

妊娠・出産について1冊買うならコレ!!とオススメされていたことで購入したのです。

Amazonの説明文を引用すると

この1冊で、妊娠・出産に関わるすべての医学的不安に答えます!
アメリカの家庭に、かならず1冊置いてあるベストセラー妊娠・出産マニュアルの日本語版。見どころは何といってもきめ細やかな医療情報と、ほかの本にはない丁寧な解説。ささやかな疑問にもきちんと答え、自分の体と相談して、自分に合った出産をしたいと願っている女性たちをサポートします。

[担当編集者から]普段はとても冷静沈着、理知的な私の妊娠4カ月目に入った友達が顔を曇らせて、こう言いました。
「私、このままお腹が大きくなり続けて、いつか破裂するんじゃないかって、怖くって・・・」。彼女は続けます。「私、妊娠してから、いかに自分の体について知らないことだらけかよくわかったよ。周囲に教えてくれる人もいないし・・・。本を読んでも『●●はやってはいけない』みたいなことばかり」。

妊娠・出産についての本は数多くあるのに、私の不安を解消するような知識・情報はない–20年前のアメリカにも、そんな不安を抱えた一人の女性がいました。それが本書の著者の一人である、ハイディ・マーコフさんです。最初のお産を、不安と心配で楽しめなかったハイディさんは、陣痛の2時間前に、もっと女性の視点から妊娠・出産を解説した本を書こうと決意し、それを実現させたのでした。

「自分の体の小さな変化でも、納得のいく説明がほしい。」「専門用語ではなく、ふつうの言葉で最新の医学知識を理解したい。」「妊娠中も楽しく普段どおりの生活を送る方法はないかしら?」・・・そんなハイディさんの理想を詰め込んだこの本は、口コミで評判を呼び、いまではアメリカの家庭にかならず1冊ある、とまで言われる大ベストセラーになりました。その日本語版が、この『すべてがわかる 妊娠と出産の本』なのです。

上記の友達のように、身体的な不安や日常生活の制限、厳しい体重管理等々で、妊娠生活を前向きに過ごせない女性に、ぜひ読んでもらいたい1冊です。また、妊婦の方だけでなく、ご主人やご両親等、周囲の方にもおすすめです。

そして、この本・・・

すべてがわかる妊娠と出産の本 厚さ

こんな分厚いですwww

「ミッフィーちゃんだー」と、買うときには喜んでいた妻も届いてみると「分厚っ!!」とビックリしておりましたw

ちなみに、こちらの本は最初から最後まで流し読みはしたものの、完全に読み込んではおりません。

というのも、妻の妊娠の経過にあわせてその時その時に合った章を読む。といった使い方をしているからです。

ゆっくりと夫婦で読み進めています(^^ )

やっぱり不安な「お金」のことについての本

妊娠検診や出産ってどのくらい費用かかんだ?

ベビー用品やベビーベッドって実際問題いくらぐらいすんだ?

それに、それに、将来的にかかってくる学費ってどれくらいになるんだ?

あー・・・・(((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

マジでこんな感じでした私。

子供が生まれるとなったら、考えなくてはいけない「お金」のこと。

そんな「お金」のことについて知りたくて購入したのがこちらの本。

こちらの本は「たまひよブックス」が毎年更新しているシリーズなんです。

国からの助成なども、毎年変化するでしょうし、最新の情報をと考え2012年版のあったこちらを購入しました。

Amazonの説明文を引用すると

これ一冊でもらえる&戻るお金がまるわかり!
妊娠・出産から、教育資金や家計の見直しなど育児期のお金の情報も満載!

「助成金の申請スケジュールや必要な書類などの書き方がよくわからない…」「将来の教育費のためにやりくりできるか不安…」そんな、ママとパパが知りたい・知っておきたい「お金」の疑問・不安にこたえます! 妊娠・出産にまつわるお金の制度の最新情報から、育児期に役立つマネー情報まで、必要な情報をカバーする充実の内容。妊娠~出産で「もらえるお金」の申請書の書き方までバッチリ解説!気になる「子ども手当」などの制度も最新情報で安心!育児期に役立つ教育資金やマイホーム、保険などマネープランを考えるヒントも満載!「お金」のことがまるわかりの2012年最新版です。

この本を読み、「あっこんなお金を国から貰えるんだ!!」

というような情報の他、懸念となっていた「費用」についても把握することができました( ´Д`)

まっ、なんたって。

上記の「すべてがわかる妊娠と出産の本」は流し読み程度でしたが、こちらは穴が開くほど読みましたからねw

いや、ほんとに。

最後に

これらの本を読んで、完全に不安が払拭した!!

とは言いません。

もちろんまだまだ不安なことはあります。

しかし、全くの無知であった時に時に比べて、ある程度は余裕を持てるようになりました。

不安のみを抱えたまま、我が子の誕生を待つのではなく、正しい知識をもって、我が子の誕生に備えましょう!!

私と同じように子供ができ、妊娠や出産についての本を買おうと思ってらっしゃる方の参考になれば幸いです。

これからも、こういった類の本は購入していくと思いますので、内容が良かったらまたシェアします。

たぶん、次は「名前」の本かな(ノ∀`)

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]