書評 ガジェット&ウェブ好きのための新雑誌「Flick!」vol.1

Flick vol 01

購入の動機

ネタフルさんの紹介記事をみて気になり、よくよく調べてみると趣味の雑誌のエイ出版発行。

コグレさんも寄稿してて、表紙は「Evernote」と「Twitter」と面白そうなニオイがプンプンだったので発売日翌日、即効買いに行きました。しかし、近所の書店ではどこも売っておらず、Amazonにて注文したが予約がいっぱい。本日やっと手に入れた次第です。

ちなみに手に入れるまで目次とか内容全く見てませんw

届くのを待っている間に色々調べてみると、購入した「Flick!」を撮影して@flick_magに#flickmagを付けTwitterでつぶやくとプレゼントを貰える企画を8月31日まで実施してるみたいです。もちろん私も応募してみましたよ。

内容紹介(出版社サイトから引用)

ガジェットとウェブ好きのための新雑誌が誕生しました。
アップル事情に詳しい林信行さんにインタビューを行い、iPhone・iPadとiOSの今後を聞きました。これなしでは生きられないiPhone・iPadアプリを厳選してご紹介。Twitterアプリ徹底座談会も必見です。
「ツイッターの楽しみ方、タイムライン十人十色」ではTwitterを使い飲食店を繁盛させた中村仁さんやイラストレーターの今井トゥーンズさんにツイッターの活用方法を尋ねます。プロのiPhoneフォトグラファー三井公一が教える、とびきり撮影テクニック、Evernoteで始める一元管理術も見逃せません。ガジェット好きに捧げる一冊です。

総評

ジャケ買いした自分は間違ってなかった!

iPhoneの歴史や、Twitterの歴史など自分の今愛用しているもの達のルーツが詳しく書かれているほかに、ガジェット好きなら少しは気になっているであろう電子書籍、ノマドワーキングといった分野にも抜け目がありません。

また、iPhoneについてのTipsやEvernoteについての記事は意外と知らなかったものも多かったですね。
アプリ紹介の記事では操作画面等が多く配されているので非常にわかりやすいのでiPhoneやiPadを買ったばかりの初心者はもちろん、ヘビーユーザーまで全てのガジェット好きが満足できる一冊でした。
人気次第で続刊も・・・ということでしたので応援したいところです。

※こちらの記事は前ブログを2011年6月28日と2013年1月17日に加筆修正したものです。

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]