iPhone5のテザリングに全てを任せるなんて絶対無理!!au(HTC J)のテザリングを使ってiPadで色々やってみたので通信量晒す

速度制限

iPhone5でテザリングできるようになるから、「家のネット回線を解約しよー」「モバイルルーター解約しよー」って思ってらっしゃる方多いと思います。

絶対速度制限かかります。

iPhone5のみの通信なら7GBは余裕でしょう。しかし、これにMacやPCの通信、iPadの通信が加わったら確実に7GB制限に達してしまうでしょう。

その根拠を調べるため、現在使用中のHTC Jのテザリング機能を使ってiPadで色々やってみましたので、それぞれでかかった通信量をシェアしていきたいと思います。

実際にやってみたのは、以下。

  • RSSリーダー消化+Pocketに受信
  • アプリのアップデート6個
  • Youtubeで約4分の動画視聴

まぁ、日常的に行う通信ですよね?

これらを行ったらどの程度通信量を消費するのでしょうか?

以下より詳しく書いていきますので、iPhone5のテザリング運用について見直しの参考になれば。

通信量は前回のAndroidのデータ通信量を調べる方法の通り。

↓これまで使ってきた730MBをスタートとします。

テザリング データ通信量 確認

RSSリーダー消化+Pocketに受信

日々の情報収集ですね。

私の情報収集の流れは過去記事であるこちらを見て頂けるとわかるかと。

Reeder for iPhoneアップデートの本命は右スワイプだ!!左右のスワイプアクション使い分けとIFTTTとの連携で最強の情報処理アプリに!! | 情報蒐集ノート

今回はiPadなので、RSSリーダーは「Reeder for iPad」を使用してます。

Reeder for iPad (450円) 
(2012.09.18時点)
posted with ポチレバ

↓未読記事を569記事読み込みました。

テザリング データ通信量 Reeder未読読み込み

読み込んだ後、記事を消化しつつ、シェアしたものはスター付与。自分だけが読みたいものはPocketに送信ということを行いました。

スター付与は5個。Pocketに送信したのは10記事でした。

次に、Pocket側で上で送信した記事たちを読み込みます。

↓その日の朝に送信していた記事もあわせて受信されたので全部で18記事。

テザリング データ通信量 Pocket読み込み

・・・読み込んでる記事の内容についてのツッコミはご容赦をwww

私はiPadのPocketでは全て「web view」にしてますので、通信量は多くなっているかもしれません。

細かい使い方や設定方法はこちら。

iPad版「Pocket – Formerly Read it Later」は、こう使え!!@masa6127流使い方と設定方法 | 情報蒐集ノート

これで、日々行っている情報収集(RSSリーダー消化+Pocketに受信)にかかる通信の詳細は以上。

では、ここまででいったいいくら通信量がかかったのでしょう?

↓データ通信量は・・・「842MB」に増加。

テザリング データ通信量 RSSリーダー Pocket使用後1

↓テザリングでの通信量は「107MB」です!!

テザリング データ通信量 RSSリーダー Pocket使用後2

けっこー多くありません?

一ヶ月間毎日この通りにやったとすると・・・約3GBですよ?

アプリのアップデート6個

では次。

気がついたら通知が来ているアプリのアップデートです。

↓こちらはちょうどタイミングよく6個のアプリのアップデート通知が来ていました。

テザリング データ通信量 アプリアップデート一覧

これらをアップデートした後に、データ通信量を確認すると・・・

テザリング データ通信量 アプリアップデート後

テザリングは先程まで「107MB」だったのに対し、「152MB」までに増加。

つまりアプリ6個のアップデートは「45MB」の通信量だったということですね。

アプリ1個で大体8MBってところでしょうか?

Youtubeで約4分の動画視聴

私はiPadではそんなに動画なんて見ないのですが、こちらも試してみました。

視聴した動画はこちら。

時間は4分11秒です。

Youtubeのアプリを起動して、この動画を検索して視聴するまでを行ってどの程度の通信量なのでしょうか?

一度、動画の半ば(2分くらい?)くらいで間違えて動画の視聴を消してしまいました。

↓そこまでで、データ通信量は・・・

テザリング データ通信量 YouTube視聴後1

「182MB」になっているので「30MB」の消費。

気をとりなおして、最初から視聴し直して計測。

↓すると・・・

テザリング データ通信量 YouTube視聴後2

「182MB」から「266MB」に!!

つまり約4分ほどのYoutubeを視聴するのに「84MB」のデータ通信量がかかるということです。

最後に

これらを踏まえていかがでしょうか?

私は前回の記事でスマホのみのデータ通信量が約1.5GBであるということがわかりました。

スマホのみならず、自宅のMacや、iPadを接続している光回線のデータ通信量をテザリングで賄おうとすると、通信量がハンバないことになりそうですよね?

なんとかなるかもしれませんが、常に通信量のことは念頭に置いておかねばならず、ストレスがやばそうです。

・・・以上の結果から。

iPhone5のテザリングは公衆無線LANが無いカフェでのドヤ顔ノマドや、など緊急時のサポート程度に考えておいた方が無難でしょう。

家でガンガンインターネット使っている人が、インターネット回線を解約したら間違いなくとんでもないことになりますよ?

ってことで。通信環境をiPhone5のテザリングに一本化しようと思っていた人は今一度ご再考を(・∀・)

なお、今回はiPadのみでの実験ですが、Macでも色々やって欲しいというような要望あれば、コメントなりツイッターで@masa6127まで連絡下さい。

出来る限りトライします。

もちろんiPadで他のことをやって欲しいというのでもOKですよ♪

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]