Galaxy Nexusのテザリング機能でMacを接続する方法。回線速度やバッテリーの消費量も測定してみた

Galaxy Nexus 正面

待ちに待ったGalaxy Nexus(SC-04D)のテザリング対応!!

本日は愛用のMacbook Proたんを接続してみたのでその手順を書いておきます。

また、回線速度や、テザリング接続状態でどのくらいバッテリーを消費するか?なども調べましたので参考になれば。

では以下より。

Galaxy Nexusでの操作

まずは、Galaxy Nexusでの操作。

↓設定アプリから「その他」をタップ。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順1

↓「テザリングとポータブルアクセスポイント」をタップ。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順2

↓「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップで、即テザリング接続されますが、肝心のパスワードがわからないので、先に「Wi-Fiアクセスポイントを設定」を開きましょう。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順3

↓現在の設定が表示されますが、最初の状態だとパスワードは隠されているので、画面下の「パスワードを表示する」をタップして下さい。パスワードが表示されます。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順4

↓初期のSSIDとパスワードでも使えますが、パスワードが覚えにくいとのと、SSIDが他の人とかぶりそうだったので私はSSIDとパスワードを変更しました。それぞれの場所をタップで変更できます。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順5

SSIDがかぶってると、例えばカフェとかでいざテザリングってなった時に、混乱するおそれがありますよね?なので変更しておいた方が良いかと(^^ )

変更したら「保存」、変更しないなら「キャンセル」をタップして1つ前の画面に戻ります。

では、いざテザリングです!!

↓「ポータブルWi-Fiアクセスポイント」をタップ。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順6

すると・・・

↓ステータスバー(通知センター)が・・・「テザリングまたはアクセスポイントが有効です」となり。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順7

↓ステータスバー(通知センター)にテザリングマーク?が表示されます。

Galaxy Nexus テザリング Galaxy Nexus接続手順8

これで、準備OK!!

次は、Mac側で接続してみましょう。

なお、Galaxy Nexusがテザリング中であってもGalaxy Nexusは普通に使えます。ブラウザアプリでブラウジングもできましたし、テザリング中に嫁からLINEでメッセージ着信もありました。

Macでの操作

Macでの操作は簡単簡単。

↓画面右上の「Wi-Fiネットワーク」のアイコンをクリックすると、Galaxy Nexusからの飛んできているWi-Fiがあるはず。私の場合はGALAXY NEXUS(masa)なのでそれをクリック。先程設定したSSIDネーム。

Galaxy Nexus テザリング Mac接続手順1

↓すると、ポップアップが表示。

Galaxy Nexus テザリング Mac接続手順2

↓こちらも先程設定したパスワードを入力し、接続をクリック。

Galaxy Nexus テザリング Mac接続手順3

しばし、待った後・・・

↓接続されました。

Galaxy Nexus テザリング Mac接続手順4

これで、テザリング接続は完了です。

次は、回線速度やバッテリーの消費について見てみましょう。

回線速度とバッテリー消費量はどんなもん?

回線速度はどんなもん?

試してみました。

まずは「SPEEDTEST.NET」にて。

Speedtest.net – The Global Broadband Speed Test

↓先に、自宅のフレッツ光の速度。

下り25.46Mbps 上り30.72Mbps

Galaxy Nexus テザリング 回線速度 SPEEDTEST1

↓次に、Galaxy Nexusでのテザリング接続。

下り2.82Mbps 上り0.35Mbps

Galaxy Nexus テザリング 回線速度 SPEEDTEST2

数値だけじゃわかりづらいという人用に、USENの「スピードテスト」でも試してみました。

スピードテスト | USENの回線速度・通信速度測定

↓まずは、自宅のフレッツ光。

クロヒョウ級

Galaxy Nexus テザリング 回線速度 USEN1

↓そして、Galaxy Nexus。

ニンゲン級

Galaxy Nexus テザリング 回線速度 USEN2

はい。クロヒョウとニンゲンぐらい速度に差があるということですねwww

ちなみに、過去記事で新幹線とマックの公衆無線LANの回線速度を測ったことがあるのですが、

新幹線でもノマド!!Macで新幹線(のぞみN700系)の公衆無線LANを使う方法(速度比較もアリ) | 情報蒐集ノート

これによると、新幹線は0.405Mbpsでパンダ級。マックは5.397Mbpsでニンゲン級でした。

つまり、Galaxy Nexusのテザリングはマックの公衆無線LANとほぼ同レベルというわけです。(ちょっとザックリすぎるか)

実際しばらく使ってみたところ、ブログ巡回したり、ちょいと調べ物したりとかいう、いつも通りのネットの使い方ではまったく支障のないレベルでした。Youtubeとかは見てないですが・・・

全然、使えますぞこれなら(ノ∀`)

・・・ただ、気になるのがバッテリー消費ですよね。

こちらも調べてみました。

バッテリー消費はどんなもん?

上記で接続手順を書きましたが、その時のスクショを見ると接続開始が13時32分です。

その時点でのバッテリー残量は「96%」

そこから30分間。テザリング接続した上でネットサーフィンしてみたところ・・・

↓30分後。

Galaxy Nexus テザリング バッテリー消費

バッテリー残量が「87%」までに減少。

途中、一回だけブラウジングとLINEのメッセージ着信がありましたが。それを加味しても、ちょっとバッテリー消費速いっすよね・・・

ちなみに、テザリング使用可能状態にして、Macには接続しない状態で一時間放置(スリープモード)してどの位の消費があるのかも調べてみました。

↓14時18分でバッテリー残量「86%」

Galaxy Nexus テザリング 未接続状態 バッテリー消費1

・・・約一時間後。

↓15時21分バッテリー残量「79%」

Galaxy Nexus テザリング 未接続状態 バッテリー消費2

通常時のスリープより多少バッテリー消費量は大きいでしょうか。

テザリング待機状態でもバッテリー消費が大きいのであれば、基本はテザリングはOFFにしておいた方が良いでしょうね。

最後に

さて、色々と調べてみたことをまとめますと、テザリングしてのMac使用は全然いけるレベルでしょう。これが、新幹線レベル(0.5Mbps)とかだったら実用に耐えないけど( ´ー`)

通信速度的にも、「どうしてもYoutube見たい!!」とか贅沢言わなければやっていけるでしょう。

マックの公衆無線LANの契約解約しようかなー。

Galaxy NexusはdocomoのFOMA回線を利用しているので、他のFOMA端末でテザリングしても同様の結果になるのでしょうね。だけどこれが、Xi対応端末でXi回線でテザリングとかだったらもっと速いんだろうか?

まぁいずれは・・・ね。

何はともあれGalaxy Nexusがついにテザリング対応したことを喜びましょう(*´艸`)

・・・だけど、問題はバッテリー。

テザリングする予定なのであればGalaxy Nexusを充電できるモバイルバッテリーを持っていった方が良さそうですね。

一度Galaxy Nexusでテザリングを試した上でモバイルバッテリーとかはご検討下さいね。

最後になりましたが、通常の契約のままでテザリングすると料金が跳ね上がりますよ?

過去記事をご参考下さい。

Galaxy Nexusユーザーに朗報!!6月中にテザリング対応予定とdocomoが発表!!モチロン契約変更は済ませたよね? | 情報蒐集ノート

では、近日中にiPhone・iPadの接続記事を書きますね。お楽しみにー。

↓大容量バッテリーに換装ってのもアリか・・・

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]