故障したPS3のHDDを交換したら見事復旧したのでPS3のHDD交換方法をまとめてみた

PS3 内蔵HDD交換1

約4年間分のアニメを録画していたPS3(CECH-2000B)が「ファイルシステムが破損しています」の永久ループに陥り、泣きそうになりながら初期化したにも関わらず復旧しなかった@masa6127です。

っていうか泣いた。

私にとれる手段としては、「新しいPS3を購入する」、「現在のPS3の内蔵HDDを交換する」の2択。

前者だと確実性はありますが金額が高くなる。後者だと確実に直るという保証はないものの安く済む。

どちらにしようかと2秒程考えた結果、後者を選択することにした。

結論。「金がない」

その結果。

見事PS3は復旧。ちゃんとtorneで録画もできてます!!

実際のHDD交換は、意外と簡単にできましたので、本日はその交換方法をご共有。

ご自分でPS3のHDD交換をやろうと考えている方の参考になれば幸いです。

では以下より詳しく。

PS3のHDD交換に必要なもの

HDD交換にあたり下記のものがあるとよろし。

  • PlayStation3本体
  • 新しいHDD
  • プラスドライバー(できたら精密ドライバー)
  • USBメモリor外付けHDD

上2つは言わずもがな。プラスドライバーは実際の交換に必要。USBメモリor外付けHDDはシステムアップデートに必要となります。

新しいHDDをAmazonで購入

PS3で使用できるHDDの仕様は↓こちらを参考にしました。

HDD換装方法 – PS3 wiki

んで、その仕様というのが

SATA規格の2.5インチ 9.5mm HDD

Amazonで上記条件で検索し、一番安かったこいつを購入。

購入当時3,480円でした。

二番目に安かった「WD Blue 2.5inch 5400rpm 320GB 8MB SATA WD3200BPVT」(購入検討当時4,436円)の方が容量も大きく、評価も少しだけ高かった為、少し迷ったのですが、お届け日が翌々日とのことで、MARSHALと比べ丸一日分の深夜アニメが録画できないことが判明。

録画できない=起きてリアルタイムで見るしかない。

健康面に配慮した結果。翌日着だったMARSHALの方をポチったというわけです。

PS3のHDD交換方法

では、HDDがAmazonから届いたところで早速HDDを交換しましょう。

こちらのブログを参考にさせて頂きました。

新型120GBのPS3 (CECH-2100A)のHDDを交換してみた – きたへふ(Cチーム)のブログ

こちらのブログで、事足りるとは思いますが当ブログでも書かせて頂きます。

↓PS3を裏返します。下にはタオルなんかを引くとよいです。

PS3 内蔵HDD交換2

↓こちらのカバーを開け、青いネジを外します。

PS3 内蔵HDD交換3

↓外したらHDD前のカバーを外すのですが、矢印のように左にスライドすると簡単に外れます。

PS3 内蔵HDD交換4

↓カバーが外れました。

PS3 内蔵HDD交換5

↓カバーを外したらHDDケースの取っ手を掴み、矢印のように引き抜きます。

PS3 内蔵HDD交換6

↓TOSHIBAのHDDでした。

PS3 内蔵HDD交換7

↓HDDケースを裏返し、四隅のネジを外します。

PS3 内蔵HDD交換8

↓新しいHDDをケースに取り付けます。

PS3 内蔵HDD交換9

後は上記の手順を逆に行い、PS3を元通りにして下さい。

PS3を元通りにしたら、テレビに接続し電源ON。

↓するとこんな画面になるので、コントローラをPS3にUSB接続し、PSボタンを押します。

PS3 内蔵HDD交換10

↓そしたらこんな画面に。

PS3 内蔵HDD交換11

はい。

ということで「アップデートデータ」を用意しましょう。

ここでUSBメモリor外付けHDDが必要になります。

なお、私はUSBメモリを使用しました。

↓アップデートデータはオフィシャルサイトからダウンロードできます。

PlayStation®3 システムソフトウェア アップデート | プレイステーション® オフィシャルサイト

↓こちらのサイトの中程、「パソコン経由でのアップデート」というところにアップデートデータのダウンロードボタンがあります。

PS3 内蔵HDD交換12

アップデートデータは「PS3UPDAT.PUP」という名前でダウンロードされます。※この名前は変更しないように。この名前になっていない場合は「PS3UPDAT.PUP」に変更して下さい。

この「PS3UPDAT.PUP」をUSBメモリor外付けHDDに入れるわけですが、この時に

USBメモリ→ PS3 → UPDATE → PS3UPDAT.PUP

という順で格納して下さい。

画像で説明すると。

↓USBメモリに「PS3」というフォルダを作り、

PS3 内蔵HDD交換13

↓「PS3」内に、「UPDATE」というフォルダを作り、

PS3 内蔵HDD交換14

↓「UPDATE」内に、「PS3UPDAT.PUP」を入れる。

PS3 内蔵HDD交換15

という感じです。

なお、私は仕事で使用している普通のUSBメモリ(フォーマットはFAT32)を使用しました。

既に入っていたUSBメモリ内のデータを消さないでもちゃんとアップデートできましたが、心配な人はMacなりPCなりに移しておくと良いかと。

では、アップデートデータを入れたUSBメモリをPS3に挿入し、STARTボタンとSELECTボタンを同時押しして下さい。

↓確認中となり、

PS3 内蔵HDD交換16

↓ストレージをフォーマットしますか?と聞いてきますので「YES」と脳内で返事しながらSTARTボタンとSELECTボタンを5秒押し。

PS3 内蔵HDD交換17

↓確認中となり、

PS3 内蔵HDD交換18

↓フォーマットが始まります。フォーマットは息子のオムツを交換しているうちに終わりました。約3分程。

PS3 内蔵HDD交換19

↓そのまま、システムアップデートが始まります。ワイヤレスコントローラを利用せよと書いてあるのでUSB接続を外し、ワイヤレスでにしてPSボタンを押します。

PS3 内蔵HDD交換20

↓アップデートデータ確認中となり、

PS3 内蔵HDD交換21

↓使用許諾が表示されるので、右ボタンで進み、

PS3 内蔵HDD交換22

↓同意します。

PS3 内蔵HDD交換23

↓絶対に電源切るなよ!との注意が出るので、「わかってんよ!」と◯ボタンを押すと、

PS3 内蔵HDD交換24

↓アップデートが始まります。こちらも3分程。

PS3 内蔵HDD交換25

↓システムアップデートが終わると、再起動し初期設定画面になります。初期設定は画面の説明通りやっていけば問題ないはずなので割愛。

PS3 内蔵HDD交換26

↓初期設定が終わると、XMB画面となり・・・

PS3 内蔵HDD交換27

これにて完了!!

最後に

そんな難しくないので、上記の通りやっていけば無事交換できると思いますよ。

自分でやりたくないという方はSCEJにHDD交換を頼むという方法もありますが…

ハードディスク換装サービス | プレイステーション® オフィシャルサイト

18,000円もするんですよねー。

これなら新しいPS3を買った方が良い希ガス。

ってことでやっぱり安いHDDを購入して、自分で交換というのが一番!!

上記でも紹介しましたが、こちらのHDDは何の問題もなく使えておりますのでオススメです。

では。

この記事をみんなにシェアして頂けマス?

更新を楽しみにして頂けマス?

[情報蒐集ノートをRSS登録]

  • ズンピ

    始めまして。自分も今日PS3が電源をつけるとHDDが故障してしまったようで、交換しようと思うのですが、USBメモリはどのくらいの容量がひつようですか

    • ソフィー

      2GBのUSBメモリで出来ましたよ。
      プロフィールデータ(4つのアカウント情報)で1.8GBくらいでした。
      ただ、バックアップユーティリティの機能はプロフィールデータの他にゲームデータ(ゲームのインストールデータ)、セーブデータも込みでバックアップするので、めんどくさいですがゲームデータは先に消しておき、あとは各データを個別にPCに移し替えてはPS3側で削除を繰り返せば少々めんどくさいですがPCのほうにバックアップを取れます。
      あとはこのブログの説明どおりアップデートデータをUSBメモリにいれてやればOKです。アップデートした後はXMBのバックアップユーティリティメニューの中にあるリストア(復元)を選択し、プロフィールデータの入ったUSBメモリを差し込んでアカウント情報を復元できます。

  • まじまじ

    ワイヤレスコントローラーをご利用ください。のところは必ずUSBケーブルを外さないとだめなんですかね?
    うちのps3は有線じゃないとコントローラーが使えないので…