【インプレ】ワークマンの2019イージス防水デイバッグ(AR001)を釣り用リュックとして購入!!コスパもよくて大満足

釣具
スポンサーリンク

どうもブログは更新してませんが、釣りにはほぼ毎週行ってる@masa6127 です。

自分は車をもっておらず、ほぼ自転車で釣りに行ってまして、リュックにパックロッド・リール・ルアー・ワームをぶち込んでいるスタイルです。(ヒップバッグとかショルダーバッグだとパックロッドが入らない)

これまではノースフェイスのシングルショットというリュックを使っており、容量的にもデザイン的にも不満は特になかったのですが、オカッパリでリュックを使うとルアー交換の際に一度地面に置かないといけないわけで、底面とか、肩掛けのヒモとかが、汚れるのがちょっと嫌でした。

あと、防水ではないので、一度すごい雨に降られた時に、財布がぐしょぐしょになったということがあって(以降は財布とかティッシュはジップロックに入れてます)できれば防水のバッグがいいなーと、色々物色していたのですが、やはりコストと品質が見合うブランドといえば、みんな大好きワークマン。

そんなワークマンの2019秋冬の新作であるイージス防水デイバッグ(AR001)が良さげだということで、10月の頭ぐらいからワークマンのオンラインショップでのチェックはもちろん、近所のワークマンにも通っていたのですが、10/16に来店したところ、入荷してたので、即購入した次第。

この記事執筆時点(10/21)では、まだオンラインストアでは発売されてないみたいですけど、店頭には並んでいると思いますよ。

※2021/02/15追記

すでにオンラインストアでも販売しています。

※追記ここまで

イージス防水デイバッグ(AR001) 2,900円 – WORKMAN online store

 

デザインも満足いくレベルで、防水かつお値段お手頃と、かなりよかったので以下より詳しくレポします。

スポンサーリンク

最初はイージス防水メッセンジャーバッグ(D002)が気になってた

実は最初は、イージスシリーズのバッグで春夏モデルの、イージス防水メッセンジャーバッグ(D002)というモデルが気になっていました。

イージス防水メッセンジャーバッグ(D002) 2,900円 – WORKMAN online store

 

なんですが、このイージス防水メッセンジャーバッグ(D002)は、折返してフタをするフラップタイプのリュックで、釣りバッグとして使う=荷物の出し入れ(ルアーチェンジ)多くなる私の用途では面倒くさいだろうなー。となって、お店で実際に触ってみてやっぱり面倒だなー今回は見送ろうかなーと思っていたところ、なぜかまだ発売してないイージス防水デイバッグ(AR001)のPOPが近くに出てて、その存在を知り、店の人に聞いたところでは、イージス防水デイバッグ(AR001)は新作でまだ発売はしてないとのことでしたが、(なぜPOPが出てるんだ!!)ネットで調べてみたら、秋冬モデル?として、近々発売されるということが判明。

なんかこっち(イージス防水デイバッグ(AR001))のがええやん。となった次第です。

 

フィールドコア撥水デイバッグ(D001)と最後まで迷った

イージス防水メッセンジャーバッグ(D002)は、フラップタイプということから、早々に候補から消え去ったんですが、イージス防水デイバッグ(AR001)の情報を知るとともに、フィールドコア撥水デイバッグ(D001)という商品が、使い勝手も良さそうだということが実際に触ってみる中で判明し、正直迷いました。価格も1,000円安いし。

撥水デイバッグ(リュック) 約20リットル(D001)1,900円 – WORKMAN online store

 

↓店頭で比較(表面)

 

↓店頭で比較(背面)

 

ほぼサイズも一緒ですが、肩紐はイージスの方が分厚いですね。

で、おそらく生地は一緒です。表地の質感は一緒だし、ファスナー開いて中身(裏地)みて見ても、私には一緒としか思えませんでした。

なので、決め手はこれらではなく。

ファスナーです。

イージスの方は、すべてのファスナーにおいてYKKの止水ファスナーを使っているということで、ファスナーからの水の侵入が少なそうということ。これが一番大きい要因。

次にサイドのポケット(ペットボトルとか入れるやつ)があること。

これがあると、後々水筒とかペットボトルを入れられたり、ロッドとかをさしたりできるかなーって。

というような理由でもって、イージス防水デイバッグ(AR001)の黒色を購入した次第。

 

イージス防水デイバッグ(AR001)各部

↓全体。

 

↓タグ

※完全防水ではないと書いてます。

 

↓ファスナー開けて開いたところ。パソコンを入れられるスリーブケースがついてます。

 

↓スリーブケースは取り外し可能。

 

↓スリーブケースのサイズは15インチのパソコンがちょうど入る感じ。(写真のものは私のMac Book Pro 15インチ)

 

 

↓外ポケット。ここに財布とか入れるかな。

 

↓背面側のポケット。正直使い道が見い出せない。

 

↓肩紐や、背面のクッションはこんな感じ。

 

実際に釣行セットを入れてみる

さて、釣りバッグとして買ったのですから、いつも持っていくセット一式が入らないと意味がありません。早速入れてみました。

↓釣行セット一式。

左のパックロッドから時計回りに、財布とティッシュ(inジップロック)、水筒、ワークマンの透湿レインスーツ(R006)、ハードルアーボックス(VS3010NDM)、ワーム類(inB5サイズのジップケース)、プライヤー他(inB5サイズのジップケース)、自転車の空気入れという構成。

 

↓バッグの底に、自転車の空気入れとワークマンの透湿レインスーツ(R006)をいれたところ。

 

↓その上に、ハードルアーボックス(VS3010NDM)、ワーム類(inB5サイズのジップケース)、プライヤー他(inB5サイズのジップケース)を入れる。このときは縦に入れました。

 

↓その脇に、パックロッドと水筒を入れて・・・

 

↓完成。真ん中にまだまだスペースあるので、タオルとか着替えとかもいれられますね。

 

↓ちなみに、財布とティッシュ(inジップロック)は外側のポケットに入れます。

 

最後に

デザインも満足いくレベルで、防水かつお値段お手頃ですので、これからガシガシ使っていく予定です。

また、まだまだ容量的にゆとりがあるので、そこに入れられるタモを購入したいなーなんて考えてます。

私と同じく、イージス防水メッセンジャーバッグ(D002)だとちょっとごつすぎる。または、フラップタイプなのがちょっと気になるなんて方には、デザインも普通ですし、荷物へのアクセシビリティもよく、非常に使いやすいと思うので、おすすめですよ。

また、大きめのパソコンとかを入れられる取り出し可能なスリーブケースがついているので、カジュアルスタイルOKの会社に勤めてる方なんかは、通勤用とかにも良いかもですね。

この記事執筆時点(10/21)では、まだオンラインストアでは発売されてないみたいですけど、店頭には並んでいると思うので、是非お近くのワークマンにてチェックしてみては?

※2021/02/15追記

すでにオンラインストアでも販売しています。

※追記ここまで

イージス防水デイバッグ(AR001) 2,900円 – WORKMAN online store

各サイズとかはワークマンのサイトを参照ください。図ってほしい箇所あればコメントやツイッターで連絡下さい。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました